ESTAについて

南米へ旅行に出かける際、アメリカ合衆国を経由する場合は、合衆国入国時にESTA(Electronic System for Travel Authorization)が必要となります。

弊社では申請代行を行っておりません。下記ESTA申請ページからご自身で申請願います。ご出発の2週間前までには申請・取得されることをおすすめします。

また、2011年3月1日以降にイラン、イラク、スーダン、シリアに渡航した人は原則としてビザ免除プログラムの適用外となり、米国入国にビザ申請が必要となりました。これは米政府が、2016年1月21日から、テロ対策の一環としてビザ免除プログラムを厳格化したことによります。

ESTA申請はこちらから

 

ETAについて
ビザが免除されている国の渡航者*(日本国籍は該当)は、カナダ行きの航空機に搭乗する際、 事前に eTA を入手しておく必要があります。 米国市民と有効なビザを保持している人はこの要件の対象外となります。なお、陸路または 船でカナダに渡航する場合の入国要件は変更ありません。

日本国籍の留学生、一時就労者(ワーキングホリデーの方)は、2015 年 8 月 1 日以前に就学許可証/就労許可証の発給を受けていて、カナダから空路で出国と再入国を予定している場合は eTA が必要です。

eTA が必要となる国籍や申請の要否についての詳しい情報については、以下のカナダ政府 のウェブサイトをご確認ください。
eTA申請はこちらから